real Emotion/1000の言葉 (FINAL FANTASY X-2 テーマソング) (CCCD) |倖田來未

ここでは、real Emotion/1000の言葉 (FINAL FANTASY X-2 テーマソング) (CCCD) |倖田來未 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
real Emotion/1000の言葉 (FINAL FANTASY X-2 テーマソング) (CCCD)real Emotion/1000の言葉 (FINAL FANTASY X-2 テーマソング) (CCCD)
倖田來未
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2003-03-05


倖田來未、通算7枚目となるシングル。プレイステーション2用ゲームソフト「FINAL FANTASY X-2」のテーマソングでもあるはゲームの世界観を曲中に織り込んだ、ハイパーかつハイビートなポップナンバーに仕上がっており、同ゲームの挿入歌にもなっているは、ゲームのシナリオを担当した野島一成が作詞を手掛け、ゲームのストーリーを象徴するバラードナンバーになっている。さらに歌だけではなく、同ゲームにおいてダンスのモーションキャプチャー、並びにストーリーのカギを握る重要なキャラクターの声も担当している。吉本顔負けのマシンガントークが特技という京都出身の歌姫からますます目が離せない。(石山慎二郎)

心に残る1枚です。 2003-07-22
この曲、本当に大好きです。
「real Emotion」はノリの良い曲で、私の1番好きな、「1000の言葉」は、本当に素敵な歌ですよ。レンとユウナの気持ちが伝わってくる程です。
詩が本当に切なくて、倖田來未さんのハスキーな声がとても合っていて。
この歌なら、涙が出てきてもおかしくないくらいです。曲に詩を無理矢理あてつけたのではなく、この詩はこの曲のため、この曲はこの詩のためにあるような、そんな歌です。値段もお手頃なので、是非買って、聴いてみてください。
言葉では上手く伝えられないけれど、買って損はありません。
ジャケットがかわいいと言うのもありますしね(^^


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。