アマゾンの畑で採れるメルセデス・ベンツ―「環境ビジネス+社会開発」最前線 |泊 みゆき /原後 雄太

ここでは、アマゾンの畑で採れるメルセデス・ベンツ―「環境ビジネス+社会開発」最前線 |泊 みゆき /原後 雄太 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマゾンの畑で採れるメルセデス・ベンツ―「環境ビジネス+社会開発」最前線アマゾンの畑で採れるメルセデス・ベンツ―「環境ビジネス+社会開発」最前線
泊 みゆき /原後 雄太
築地書館 刊
発売日 1997-12
オススメ度:★★★★




自動車のあり方を示している 2004-08-07
工業製品の塊である自動車の部品に畑で採れる天然材料が使用
されている。
最近、自動車との環境のかかわりは燃料電池やハイブリットという
ハイテクとの関わりが中心に語られているが、
自動車部品を天然素材で用いて環境問題を解決するというのは面白い
アプローチだと思う
また、この素材を作っているアマゾンの村との関わりに触れているが、互いにWin?Winの関係になっているのがいいと思う
今後の工業社会のあり方を考えるうえで参考になる本だと思う


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。