鳥のように、川のように―森の哲人アユトンとの旅 |長倉 洋海

ここでは、鳥のように、川のように―森の哲人アユトンとの旅 |長倉 洋海 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥のように、川のように―森の哲人アユトンとの旅鳥のように、川のように―森の哲人アユトンとの旅
長倉 洋海
徳間書店 刊
発売日 1998-10
オススメ度:★★★★★




人は何もしないために存在してもいい 2004-09-18
? アマゾン先住民アユトンの言葉が現代文明に生きる人間の心を打つ。
「地上にやってくる時には物音をたてずに鳥のように静かに降りたち、やがて何の後も残さず空に旅立っていくのだ」
??
「『人は何かを成すために存在する』という西側の哲学は銅像を作り、人の偉業を記録に残そうとしてきた。だけど”人は何もしないために存在してもいいじゃないか”と思うのです。生命を受け、生きていること自体が素晴らしいことなのですから。」
 よけいなことをして、その後始末に追われている我々文明人は、彼のシンプルな言葉から何を学ぶのか。
??
 とても遠いところへ来てしまったと我が身を嘆くか、それとも、自分も同じ人間なのだと未来への希望を抱くのか。
 長倉洋海が撮影したアマゾン先住民の表情がまた素敵だ。?


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。