MITSUBISHI REAL 37V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LCD-H37MX5

ここでは、MITSUBISHI REAL 37V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LCD-H37MX5 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MITSUBISHI REAL 37V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LCD-H37MX5MITSUBISHI REAL 37V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LCD-H37MX5


進化した美しさをベストポジションで楽しめる。
「オートターン」&「チルト」機能搭載

リモコンのボタンひとつでテレビがふり向くる。
リモコン操作でテレビがふり向くオートターン機能を搭載(左右に各約30度)。あなたがテレビを見る場所から最適な角度に、ボタン操作ひとつでテレビの向きを変えることができる。さらに前後各約5度の調整が可能なチルト機能も搭載し(手動操作)、テレビを置く高さや、テレビを見る椅子やソファーの高さに合わせたポジション調整が可能。

高画質・高音質を楽しみ尽くすなら、やはり正面。
液晶パネルは液晶の背面から光を出しているため、画面を少し斜めから見ると色やメリハリが若干低下することがある。現在の液晶技術は視野角が広がっているが、せっかくの高画質を楽しみ尽くすためには、やはり正面からの視聴が最適。オートターン機能が、REALが持つ本来の映像と音質の再現力をいつでも提供する。

あなたのいる場所が「ベストポジション」。
たとえばテレビを見る場所がダイニングからリビングに変わった時や、外光が反射して画面が見にくい時などに、オートターン機能は大活躍。広いリビングと対面キッチンが一体となった最近の住まいのスタイルにもフィットする親切設計で、奥様がキッチンにいる時も、家族がリビングに集まっている時にも、あなたのいる場所がベストポジションになる。

デジタル時代の多彩な映像ソースを目を瞠る高画質で楽しむ。
Diamond Engin III
デジタル時代の多様な映像ソースをさらに色鮮やかで鮮明に再現するために「Diamond Engine III」を開発。当社先端技術総合研究所と株式会社ルネサス テクノロジ社が、共同開発した高画質映像処理回路を1チップに収め、さらに精度を高めた。

暗い映像の再現性をアップ。
■ダイナミックレベルエクスパンダー (DLE) II
常に適正なコントラストを保ちつつ、従来黒ツブレで見えなかった映像部分の再現性を大幅に改善した。コントラストとブライトネスをリアルタイムで自動制御し、滑らかな階調を実現した。


斜め線を滑らかに再現。
■斜め適応型 I / P 変換
映画フィルムやアニメなどの映像素材でのプログレッシブ変換の精度を大幅にアップし、斜め方向のギザギザを解消。ピクセル単位の高精度の動き検出で、滑らかで自然な映像を再現する。

自然でメリハリある輪郭表現。
■ダイナミックイメージプロセッサ (DIP) II
映像の輪郭部分に不自然なアンダーシュートやオーバーシュートを付けることなく、より自然な輪郭補正を行なう「ダイナミックイメージプロセッサ」を進化。さらに、鮮明度の高い映像づくりに成功した。

自然な色合いと、鮮やかな色調。
■ナチュラルカラーマトリクス (NCM) II
液晶パネルの色調整を R (赤)・G (緑)・B (青) とそれぞれの中間色であるY (黄)・M (赤紫)・C (青緑)の6色、さらにそれぞれの中間色の合計12色を独立コントロールする。さらに今回、色調整による色にじみを軽減する機能を追加。より鮮明な色再現を可能にした。


残像感を抑えた動画再現。
■フィートフォワードドライブ (FFD) II
液晶パネルにおける映像の横方向の動きによる残像現象を改善。サッカーや野球など動きの早いスポーツの映像再現を改善した。
※映像比較写真は、効果を説明するためのイメージ。

リアルな映像を実現する高画質パネル。

映像の奥行き感を表現する
■ 高コントラスト800:1 ※1
コントラスト比800:1を実現。黒の階調を豊かにすることで、映像のメリハリと奥行き感を表現。さらに立体感のある映像を再現する。
※1 画面正面から見た場合。LCD-H37MX5は700:1。

業界トップクラスの明るさ。
■ 高輝度500 cd/m2 ※2
デジタルハイビジョン放送の高精細の映像においても業界トップクラス500cd/m2の高輝度で、鮮やかな奥行きのある映像を再現する。
※2 LCD-H37MX5は550 cd/m2。

残像感の少ない動画を再現。
■ 応答速度 12 msec を実現 ※3
業界トップクラスの応答速度。12msecで、スポーツの映像など動きの速いシーンの動きボケを改善した。
※3 NTSC方式の一画面の書き換え時間(1フレーム)内に映像信号が白から黒、および黒から白へ変化する時に応答する速度。

歪みのない美しい映像を再現。
■ リアルワイドパネル採用
従来の液晶ワイドテレビは画面のタテ・ヨコ比率(アスペクト比)が「15:9」となっているものもあり、情報の欠落や映像のゆがみが生じていたが、リアルワイドパネルの採用により正しい「16:9」のアスペクト比を実現した。

斜めからの映像の変化を軽減。
■ 広視野角(水平/垂直170°※4)パネル
液晶パネルの特性である横方向・上下方向の画面の色抜けや色ズレを改善した。 ※4 JEITA規格基準(コントラスト比10:1)が確保できる角度。
※映像比較写真は、効果を説明するためのイメージ。


さらに見やすく。快適な映像を提供する高画質処理回路。

地上アナログ放送の二重映りを改善。
■ ゴーストリダクション回路搭載
画像の二重、三重映りや色の劣化をもたらすゴースト障害を改善。クッキリした鮮鋭な映像を実現する。
※ 放送電波にゴースト除去用信号が含まれていない番組では、ゴーストリダクションは働かない。

色のチラツキが少なく目が疲れにくい。
■ 10bit3次元Y/C分離回路搭載
3次元デジタル処理によるクロスカラーや色にじみやドッド妨害の少ないきれいな映像を楽しめる。

受信状態が悪い時のノイズを軽減。
■ DNR回路
弱電界時などに発生するノイズを低減。受信状態の悪い局の放送をノイズの少ない映像で再現する。

高品質なサウンドが映画や音楽をさらに楽しく。

本格オーディオで磨いた音響技術を投入。
■ DIATONE スピーカー搭載。
新開発のダイレクトドライブフラットスピーカを採用。振動板をダイレクトに全面駆動することで、音ひずみが少なく、明瞭でナチュラルな音質を保つ。さらにツインドライブ・ウーファーによる豊かな低音と拡がりのある音場感を実現する。

入力ソースに忠実なクリアなサウンド。
■ デジタルアンプ採用。
最新の音響技術を活かした高音質・高効率なデジタルアンプを搭載。デジタル処理によるクリアな音質と、高いパワー効率で聴き疲れのしないナチュラルなサウンドを再生する。
[バーチャルサラウンド]
映画館やスタジアムにいるような、拡がりのある臨場感を再現するサラウンドモード。[低音強調モード]
独自のデジタル位相補正システムを利用して、重低音を強調できる低音強調モードを装備。アクション映画や音楽番組などホームシアター感覚の迫力で楽しめる。

使うほどに実感できる便利な機能を装備。

異なる入力ソースを同時に楽しめる。
2画面機能搭載
異なる2つの映像ソースを同時に楽しむことができる2画面機能を搭載。デジタル放送時代にふさわしい多彩なチャンネルの組み合わせが可能。また、親画面でテレビ放送を視聴しながら、子画面で三菱DVDビデオレコーダー「楽レコ」 の電子番組表(EPG)で録画予約をしたり、DVDプレーヤーやビデオデッキなどの外部機器を接続して楽しむといった、幅広い使い方も可能。

メモいらずでみたいシーンをストップ。
静止画面機能搭載
2画面機能がさらに充実、静止画メモ機能を搭載。お料理番組を見ていて、レシピをメモしたい時や番組でのプレゼントの応募先など、気になる情報をリモコンのボタンひとつで2画面になり、右画面に静止画メモされる。


地上・BS・110度CSデジタル放送に対応。
電子番組表(EPG)
地上・BS・110度CSデジタル放送の、3つの放送に対応。テレビ画面に番組表を表示する。見たい番組もジャンルから簡単検索、最大8日分可能。さらに番組を選んで録画予約できる。

多彩なデジタル機器の入・出力に対応。
充実した端子を搭載
i.LINK端子 (2端子):D-VHSなどの外部デジタル機器と高画質接続。デジタル放送をデジタル録画でき、劣化が生じる心配がない。そのままの高画質で録画できる。
D4端子 (2系統2端子):DVDプレーヤー、DVDレコーダーなどと高画質接続できるD4入力を2系統2端子搭載。
デジタル放送出力端子(S2端子+コンポジット) 1系統1端子:デジタル放送を電子番組表(EPG)を使ってDVDビデオレコーダーに録画する時に便利な端子。
PC端子 (D-sub 15ピン) 1系統1端子:パソコンをそのまま接続して、画面に表示。インターネット画像やプレゼンテーション画像を大画面で楽しめる。
前面入力端子(S端子+コンポジット):ゲーム機やデジタルビデオカメラなど、テレビを動かさずに簡単に接続できる前面入力端子を搭載している。
入力ダイレクトAVメモリー機能:各入力の信号にあった最適映像に調整するので、デジタル放送やDVDも最適映像で楽しめる。

使ってうれしい快適機能を搭載。

デジタルチューナーのレスポンスを大幅に改善。
スピーディ選局&電源ON
デジタルチューナーの選局スピードを業界トップクラスにまで高速化。選局時間を大幅に短縮し、見たい番組がスグ見られる、スピーディな操作性を実現する。また電源ONから画面が出るまでの時間も業界トップクラスの短縮化を実現し、快適な視聴環境を提供する。

番組に合わせて、聞き取りやすい音声に調整。
親切音声モード
いつでも適切な音質でテレビを楽しめる4つのモードを搭載。
クリアトーン:人の声が聞きとりにくい場面などで人の声の音域レベルをあげることで、スッキリ聞きとりやすくなる。
ソフトトーン:モノラル放送や2カ国放送を見ていて、ステレオ放送に変わった時、急に大きくなる音量を自動的にダウンする。深夜に大きい音が気になるような場合に便利。
クッキリボイス:大きな効果音を抑え、聞きとりにくい小さな声を強調する。効果音が大きい映画などでセリフを聞きやすくする。
レベルサウンド:チャンネルや入力ごとに変わる音声レベルを揃える。

静かな環境でも安心。
ファンレス設計
テレビが発する熱を効率的に分散し、ファンレス設計を実現。ファンの動作音がないために静音性に優れ、寝室などの静かな環境下でも安心。

小さなお子様がいるご家庭でも安心。
チャイルドロック機能
テレビ本体の前面ボタンの操作をロックすることで、誤操作を防止する。小さなお子様やペットのいたずらを防止し、安心してテレビが楽しめる。

安全を重視した三菱の厳しい転倒防止基準を遵守。
転倒防止設計
転倒防止を考慮したスタンド設計を実現しました。 転倒防止ベルトを付属。
本体を、壁面やテレビ台に固定できるようネジ穴やフックを設けています。

目にも、家計にもやさしい気配り機能。
明るさセンサー

業界トップクラスの省エネ。
6つの省エネ
主電源「切」時で 消費電力0W。
リモコン待機時消費電力0.3W。
明るさセンサー機能で消費電力もセーブ。
放送が終了したら、約10分後に自動電源OFF。(無信号)※アナログ放送選局時
テレビを消し忘れても(約3時間以上)自動電源OFF。(無操作)
電力量節約モードで消費電力もセーブ。



さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。