東芝 beautiful face LC100シリーズ 42LC100 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 42V型

ここでは、東芝 beautiful face LC100シリーズ 42LC100 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 42V型 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東芝 beautiful face LC100シリーズ 42LC100 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 42V型東芝 beautiful face LC100シリーズ 42LC100 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 42V型


メタブレインと新パネル、そして3つの地上デジタルクリア機能の採用で地上デジタル放送を見やすく、あざやかに。
メタブレインはもちろん、さらに見やすくなった広視野角液晶パネルも採用し、家族みんなが楽しめるゆったりとした視野角を実現。さらに、デジタルハイビジョン放送の緻密な映像をもっと あざやかに映し出す3つの地上デジタルクリア機能を新たに採用。圧縮伝送される映像信号を元に戻す際に発生するノイズの混入を抑え、高精細でクリアな地上デジタル映像を映する。

高視野角液晶パネル
画面比16:9の新ハイビジョン液晶パネル。業界トップクラス(*1)の高輝度500cd/m2(*2)を実現するとともに42LC100と20LC100では178度(*3)の広視野角を実現(37・32・23LC100は176度(*3)の広視野角)。家族みんなで見ても、すみずみまでコントラスト感のある映像を楽しめる。
*1)2005年9月28日現在 *2)画面正面から見た画面中心部の出荷時平均値 *3)JEITA測定法による、コントラスト比10:1が確保できる角度の標準値。26LC100は170度。

3つの地上デジタルクリア機能
MPEGノイズリダクション:文字のエッジ部分などに発生する蚊が飛んでいるように見えるノイズを低減し、すっきりクリアな映像を再現する。
エンコードクロスカラー・リダクション:色信号の中に輝度信号が混ざり込むことで発生するエンコードクロスカラーを抑え、目ざわりな虹色状の色にじみを低減させる。
MPEGカラースムーサー:MPEG信号を使用するデジタル放送やDVDなどを映した際に、色の変わり目に発生しやすい横線状の色ムラを低減させる。

ヒストグラム・ダイナミックガンマ
画素の明るさを検出して、ヒストグラムで解析。リアルタイムに適正なガンマ補正パターンを選び、暗いシーンの中での明るい部分までも1シーンごとにキメ細かに階調をコントロール。くっきり見やすい映像を映し出す。

カラーイメージコントロール
多くの人は晴れた日の空をあざやかな美しい青色として記憶している。メタブレインでは実際の色を人が記憶に持つ美しい色にカラーイメージを調整。あざやかな映像がよみがえる。

ジェットスリットスピーカー
オーディオ専業メーカーのオンキヨー(株)と共同開発。スピーカーユニットから放出される音を圧縮・ハイスピード化してスリットから外部に放出。さらに、従来機種のフェライトマグネットに比べ約10%の磁力アップ(*)を達成した大口径マグネットを採用。上下方向にもキレの良い音が放出され、42V型の迫力映像にリアリティをプラスするひきしまった豊かなサウンドを響かせる。
*)搭載している6個のスピーカーすべてに適用。
合計6個のパワフルスピーカーユニット 巨大マグネットで豊かな音場を再現

従来のスピーカー ジェットスリットスピーカー スピーカーユニットからの音を前面板で圧縮し、幅約1.5cmのスリット開口部から外部に一気に放出。これにより上下方向にも切れが良く、引き締まったサウンドを実現している。※図はイメージ

SRS WOW
SRS 3D:音の方向性などを補正し、適正なリスニングポジションを拡大。スピーカー前方の広い範囲で立体的な音を再現できる。
SRS TruBass:パイプオルガンの重低音再生技法を応用したサウンドシステム。低音専用スピーカーやイコライザーがなくても、本体スピーカーのみでダイナミックな音声を再現。映像に迫力をプラスする。
SRS FOCUS:音の補正をすることで人の声やドラマのセリフなどをクリアに再現する。

「テレビdeナビ」で録画予約
HDD&DVDレコーダー・RDシリーズと連携して、地上・BS・110度CSデジタル放送の録画予約(*)をテレビ側で簡単に行なうことが可能。テレビにデジタル放送の電子番組表を表示して、見たい番組を選択/予約するだけで予約情報がRD機に転送され、自動的に設定される。
*)テレビ側のデジタル放送チューナーで受信した番組を、デジタル放送録画出力端子を経由してRDシリーズで録画することができる。その際は、ハイビジョン画質ではなくNTSC標準画質で記録される。また、デジタル放送にはコピー制御信号が付加されているため、番組によっては録画できない場合がある。「テレビdeナビ」の利用には、対応するRDシリーズとテレビとの間で、映像・音声端子接続のほかにLAN接続が必要。

写真を見る
USB(*)端子搭載(デジタルカメラダイレクト接続)
デジタルカメラなどを直接USB接続して、JPEG写真を映し出せる。また市販のメモリーカードリーダー(USB接続)で、各種メモリーカードのJPEG写真も液晶大画面に表示して楽しめる。
*)USB1.1で動作する。
※対応するUSB機器はマスストレージクラス。機器によっては対応できない場合がある。

次世代GUIでカンタンアクセス
faceネット
いるぐ見たい番組や録画予約したい番組、さらにデジタルカメラや携帯電話のJPEG写真にリモコンひとつで簡単アクセス。あらかじめ興味のあるキーワードやチャンネル、ジャンルなど4つの項目を入力すれば、1週間先までの見たい番組を自動検索。ここからの録画予約も可能。
見たい番組をすぐ探せる 番組表から予約する
快適な操作性
かんたんリモコン(新・スマートリモコン)
いるぐ見たい番組や録画予約したい番組、さらにデジタルカメラや携帯電話のJPEG写真にリモコンひとつで簡単アクセス。あらかじめ興味のあるキーワードやチャンネル、ジャンルなど4つの項目を入力すれば、1週間先までの見たい番組を自動検索。ここからの録画予約も可能。従来比約1.7倍(*)の大きく押しやすいチャンネルボタン。素早い画面操作ができる高速ページ切換ボタン、入力切換がスピーディにできる高速ビデオ入力切換ボタンも採用している。
*)東芝L400Vシリーズとのボタン面積の比較

ファンレス設計
徹底した回路の効率設計と、緻密な熱流体解析による最適放熱設計で、放熱ファンをなくした。耳ざわりな回転音が消え、耳をするくらいの繊細な音までが手に取るように聴こえてくる。



さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。