SONY BRAVIA 46V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ KDL-46X1000

ここでは、SONY BRAVIA 46V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ KDL-46X1000 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SONY BRAVIA 46V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ KDL-46X1000SONY BRAVIA 46V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ KDL-46X1000


最新世代液晶パネル「ソニーパネル」
〈ブラビア〉Xシリーズは、視野角、コントラスト比、応答速度、すべてを進化させた「ソニーパネル」を搭載。ハイビジョン放送はもちろん、アナログ放送でも、その高画質性能が真価を発揮する。

コントラスト比1,300:1
クラス最高のコントラスト比1,300:1。暗いシーンではより深い黒を、明るいシーンではより明るい白を表現。映像の微妙な陰影や色合いを出した奥行き感のある映像を描き出す。

業界最高水準、視野角上下左右178度
「ソニーパネル」は、上下左右178度の視野角。ほぼ真横から見ても、画面の色をしっかり保つ。

パネル応答速度8msec(ミリ秒)
「ソニーパネル」は8msec(ミリ秒)のパネル応答速度。液晶特有の残像を最小限に抑え、スポーツ中継など動きの速い映像をクッキリと再現する。

フルスペックハイビジョンパネルの高解像度
ハイビジョン放送(1080i)の解像度をそのまま再現できる「フルスペックハイビジョンパネル(水平1,920×垂直1,080 画素)」を搭載。より緻密で滑らかな映像を映し出す。

「フルスペックハイビジョン解像度」との組み合わせで、さらに真価を発揮する「DRC-MFv2エンジン」
ハイビジョン映像までも精細感や質感を向上させ、よりリアルな映像につくり換える「DRC-MFv2エンジン」を搭載。「フルスペックハイビジョン解像度」との組み合わせでその真価を発揮する。

新しい臨場感「S-Forceフロントサラウンド」
映画館で採用されているマルチサラウンドスピーカーシステムの音場をテレビのスピーカーだけで仮想的に再現。テレビ放送やDVDなどの音声を、テレビを置く場所や部屋の形状に影響されることなく、映画館のような立体感と動きのある音声で楽しめる。

ソニー独自の「S-Masterフルデジタルアンプ」
ソニーが開発した小型・高効率・高音質の「S-Masterフルデジタルアンプ」をテレビ用に最適化して搭載。最大出力50W、2ch4スピーカーシステムで、大画面にふさわしいリアルでクリアなサウンドを体感できる。

多チャンネル時代の「フルダブルチューナー機能」
地上デジタル×2、BSデジタル×2、110 度CSデジタル×2、地上アナログ×2のチューナー機能を内蔵。異なるチャンネルを同時に2 画面で表示したり、接続した録画機器に視聴中の番組と同じ放送サービスの別番組を録画できる。また、番組表データをつねに受信できるので、新しい番組情報や検索結果をスピーディーに表示可能。さらに、フルダブルチューナー機能により、番組検索時でも子画面に動画を表示できる。

画面を見ながら操作できる「折りたたみリモコン」
手元を確認しなくても、テレビの画面を見ながらさまざまな操作が可能。リモコンに表示された小さな文字ではなく、大画面に映し出される大きなアイコンや文字を見ながらスムーズにコントロールできる。



さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。