Victor EXE 37V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LT-37LC70

ここでは、Victor EXE 37V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LT-37LC70 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Victor EXE 37V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LT-37LC70Victor EXE 37V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LT-37LC70


動きの速い映像も明るくクッキリ、リアルに再現
高速液晶ドライバー搭載
新開発「高速液晶ドライバー」を搭載。通常1秒間に60コマで構成されている映像に対し、「高速液晶ドライバー」では高精度補間アルゴリズムにより120コマでの映像表示を行うことで、従来の液晶表示方式で生じる残像感を大幅に低減。この技術により、ニュース番組に流れるテロップやアクションシーン、サッカー、野球など動きの速い映像に対して、残像感が目立たないクッキリした映像を楽しむことができる。

大画面に色彩感と奥行き感のある高詳細映像を再現する
映像知能「新ジェネッサ」搭載
映像知能「新ジェネッサ」は、映像処理用CPUの処理能力を飛躍的に向上させ、インテリジェントガンマ(ガンマ補正)・カラークリエーション(カラー調整)の表現力を向上させるとともに、画像の特徴検出精度をアップ。大画面になると目立ってくるDVDやデジタル放送のノイズまでクリアにし、臨場感と奥行き感のある映像表現を可能にした。

DVDやデジタル放送のノイズを抑え、より美しく映し出す
「インテリジェントクリア」
「ノイズクリア」「ブロックノイズサプレッサ」「モスキートノイズエリミネーター」から構成される「インテリジェントクリア」が、これまでの映像回路では検出が出来なかった、デジタル特有のノイズなどを除去。美しい大画面を実現する。
映像のザラツキをシーンに合わせて低減。
独自の新開発アルゴリズムにより、動画映像に含まれるノイズ量を1/60 秒毎に検出。映像コンテンツの品質に合わせた最適なノイズ低減処理を自動で行うことで、常に見やすいクリアな映像を映し出す。アナログ放送はもちろん、デジタル放送やHDDレコーダー等の記録映像に対しても、正確なノイズ検出と最適なノイズ低減処理が可能になった。
グラデーション部のブロックノイズを低減。
デジタル放送などMPEG 画像に含まれるブロックノイズを自動検出。ブロックノイズを目立たなくして見やすい映像を再現する。従来の方式では低減が難しかったグラデーション部に発生するブロックノイズにも効果を発揮。元画像の精細感を損なわない低減処理を実現した。
デジタル放送映像の輪郭部にでるノイズを低減。
デジタル放送などで映像のエッジ部周辺に発生するモスキートノイズに対して高いノイズ抑圧効果を実現。クッキリ見やすい映像を再現する。

第四世代ナチュラルプログレッシブ
斜め線の傾斜検出+適応補間により、動画の斜め線に発生するジャギーを大幅に改善。動き検出範囲を拡大し、緩やかな動きの画像で発生するジャギーやボケを低減し、なめらかで自然な映像を再現する。

新インテリジェントガンマ
画質調整専用CPUの処理性能のスピ?ドアップ化により、同一シーンでの明暗部それぞれにおけるコントラスト調整能力がさらに向上。今まで見えにくかった部分もクッキリ鮮やかに、より美しく臨場感豊かな映像を再現する。

新カラークリエーション
人が美しいと感じる理想的な色の領域を確保し、次に輝度レベルを決定するビクター独自の手法で映像本来の広範囲な色再現を実現。微妙な階調表現により、輝度アップにともなう白とび、暗いシーンでの黒つぶれなどを解消し、立体感のある色調豊かな高精細映像を再現する。

快適・便利なお役立ち機能を充実搭載。ニュースやセリフを聞きとりやすくするビクター聴取補助システム
テレビ「きき楽」機能搭載。
耳にやさしい「きき楽」機能は、NHKの技術協力を得て開発した「ゆっくりトーク」をはじめ、ビクター独自のボーカルアップ「はっきりトーク」をリモコンのボタンひとつで操作できる。

耳にうれしい「はっきりトーク」
声が聞き取りやすいから、音量は低めに。音量が大きく感じるCMも自然に聞こえる。
アナウンサーが話す声やドラマの会話を聞こえやすくするために、聞き取りにくい小さな声(音声の中域部)は大きく、不快に感じる大きな音を抑える「はっきりトーク」機能。人の声に合わせて音量を大きめにする必要がなく、CMに移り変わった時に大きく感じる音量も自然に聞こえる。

耳にやさしい「ゆっくりトーク」
ニュースやドラマの会話も、ゆっくり聞き取りやすいから、うれしい。
ニュースやドラマの会話などを聞き取りやすくする「ゆっくりトーク」。「ゆっくり」と「もっとゆっくり」の2モードを搭載している。話し始めをゆっくりスタートし、徐々に実際の速度に戻し言葉の間を利用してタイミングを合わせるので、口の動きと音声が大きくずれずに自然で聞きやすい音声を再現できる。

目にやさしく、省エネ効果がうれしいE.E.センサー
昼と夜、また室内を暗くして映画を見る時などに、室内の明るさの変化をセンサーが感知して目にやさしい明るさに画面を自動調整。省エネ効果も発揮するうれしい機能。

その他の省エネ機能
無信号電源オートオフ:放送終了後やビデオの再生終了後、約4分経過すると自動的に電源が切れるように設定できる。
テレビ消し忘れ防止機能:何も操作しない状態が約3時間続くと、自動的に電源が切れるように設定できる。


見やすく便利な、「テレビ番組ガイド」(電子番組表)
地上アナログ放送、地上デジタル放送からBS・110度CSデジタル放送まで、むこう8日間の番組表を見やすく画面表示。またジャンル別や人名別に番組の検索や番組表からの録画予約が簡単にできる。リモコンの「番組表」ボタンを押すだけで表示。また表示チャンネル数を3つのモード(3/6/9チャンネル)から選べる。

常時接続ネットワークを使うから、情報はいつも新鮮!
「Tナビ」サービス
「Tナビ」サービスとは、家庭の中心にあるデジタルテレビ向けに、常時接続ネットワークを経由して、いつも最新の生活に役立つ情報をお届けする新しいサービス。

臨場感豊かなクリアサウンドを再生
ツインドライブスピーカーシステム
コンパクトなデザインから溢れ出る、大画面映像にふさわしい、迫力の高音質。
[オブリコーンスピーカー]なめらかな音響特性に加え、ダイナミックでクリアな音楽再生を実現した、当社Hi-Fiオーディオでも採用しているオブリコーンスピーカー。通常のコーンではセンター部にある駆動点をずらすことで、中・高域の特性が改善された。さらに、スピーカー振動板の長軸方向を上にして配置し、テレビ正面の視聴位置での音質を最適化している。
[ウエイト付ウーハー]ラバーエッジ支持のウエイト付振動板を強力磁気回路と4層巻ボイスコイルで駆動。より低い周波数も、迫力ある音質で再生でき、躍動感を向上させている。
オブリコーンスピーカー/バスレフ構造BOX&AHB回路
当社Hi-Fiオーディオで採用のオブリコーンスピーカーならではの滑らかな音響特性を実現。スピーカー振動板の長軸方向を上にして配置することでテレビ正面での音質を最適化。さらにバスレフ構造の採用により低音もしっかりと再生し、臨場感あふれるサウンドが楽しめる。
α(アルファ)サウンド
自然な音の広がりと奥行き感。心地よさを部屋いっぱいに満たしてくれる。


液晶画面の向きを変えて快適に楽しめる スイーベル機構

視聴位置に合わせて、自分が見やすい方向に液晶画面の向きを変えられる。

地上アナログ放送で気になる二重映りを低減する。
ゴーストリダクションチューナー(GRT)
地上アナログ放送で気になる二重映り。市街地や山間部などでの電波障害によって発生する後ゴーストや、マンションの共同受信で発生する前ゴーストが原因だった。新しいGRTでは、GCR信号の検出精度を高めてゴーストの除去能力を向上。いつも見るチャンネルをクリアで見やすくする。

映画ソフトをフィルム本来の質感で忠実に再現。
オートナチュラルシネマ
本来フィルムで収録されている映画ソフトを、オリジナルに忠実で解像度の高い映像で再現するのが「オートナチュラルシネマ」。さらに当社独自※の「ハイビジョン2-3プルダウン技術」により、DVDからBSデジタルハイビジョン放送まで高精度なプログレッシブ映像で楽しめる。

HDMI入力端子を装備
次世代デジタルオーディオ/ビデオインターフェース規格。対応機器とケーブル1本の接続で、劣化のない非圧縮デジタル映像とマルチチャンネル音声の伝送が可能。

その他の機能
SDカードに記録した静止画(JPEG)をテレビで再生できる「SDメモリーカードスロット」※1
「地上アナログ1チューナー搭載」
「新3次元Y/C分離回路」
オートオフ機能
オフタイマー
オートチャンネル設定
※1表示できる画像はJPEG形式(DCF準拠)で保存された画像に限る。



さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。